出産内祝いには日用品を

出産祝いの選び方

出産当時、いただいたお祝いのお返しをどうするか、どこで購入をしようか迷いました。マタニティ用品を買った通販か、それともいつも利用している通販サイトか、ベビー用品専門の店舗か。色々と見比べた結果、店舗からいただいたギフトパンフレットで決めて、直接申し込むという手段をとりました。のしは内祝いと息子の名前を入れて、いただいた額の半分の値段を目安に、送る人の年齢に合わせて選びました。両親たちにはタオルを、兄弟たちにはタオルプラスお菓子のセット、友人たちにはボディケアのセットなどなど、その人にあった商品を選ぶのは、とても大変でしたが、楽しい時間でした。名前が直接商品に入ったものも検討したのですが、使うのを躊躇したり、捨てるときに困るかなと思い、名前入ではないものにしました。私はそうしましたが、やはり名前入りのほうが人気のようです。ちなみに妹の出産祝いは産まれた体重と同じグラムのお米にしていました。出産祝いのお返しは、慣れない育児でてんてこまいなときに選ぶことになると思うので、なるべくぱっと見られて相談できるパンフレットなどが一番かと私は思いました。可能ならば、出産前に予算別に候補を決めておくと、慌ただしい日々でも、スムーズに手続きすることができると思います。

出産内祝いは消えものがおすすめ

出産内祝いに何を贈ろうか悩んだら、使ったらなくなってしまう日用雑貨品や食べたらなくなってしまう食べ物がおすすめです。タオルなど残るものはセンスが合わないとなかなか使うことはできないし、すでにそのものをたくさん持っていて使い切れないという場合もあります。親族や親しい友人などだったらタオルなど残るものでもその人に合ったものを選ぶことが可能ですが、普段接する機会がない方への出産内祝いは消えものがおすすめです。相手が品物を選ぶことができるカタログギフトも人気があります。高額の出産祝いをいただいたときにはカタログギフトがおすすめです。名入れができるお菓子や赤ちゃんの出生体重分のお米などは人気があります。出産内祝いは赤ちゃんの名前を知ってもらうことも目的なので名入れができるお菓子はオリジナリティがあって見た目もかわいいものが多いです。赤ちゃんの出生体重分のお米は必ず食べるものなので喜ばれます。お米のギフトでらいろいろなお米の詰め合わせセットもあります。お米を食べ比べできるのでこのようなセットもおすすめです。心のこもった出産内祝いならどんなものでも喜んでもらえると思いますが、相手の負担にならないようなものを選ぶとさらに喜ばれます。