出産内祝いで迷ったらカタログギフト

出産内祝い選びで悩んだ時に役立つこと

多くの人にお祝いしてもらったお返しに、出産内祝いを選びたいけど、どうしたらよいか分からない。そんな時には、次に挙げるようなことを知っておくと役立つかもしれません。例えば、出産内祝いを贈る時期については、出産後1ヶ月前後が望ましいと言われています。もちろん、産後の体調やその他の事情によって前後することはあると思いますが、基本的なマナーを押さえておくと安心です。その他にも、出産内祝いの金額はいただいた金額の2分の1から3分の1程度にするなど、いくつかの基本的なマナーがあるので適宜確認してみることが大切です。また、何を贈るか迷った際には、カタログギフトを選ぶこともひとつの選択肢ではないかと考えられます。カタログギフトにも様々な種類がありますから、事前にいくつかのカタログギフトを見比べてみると良いでしょう。もちろん予算など様々な要素としっかりバランスを取ることが大切なことは言うまでもありません。これらのような点について知っておくだけでも、出産内祝い選びで悩んだ時に役に立つかもしれません。相手への感謝の気持ちを込めながら、出産内祝い選びをしていくことが、とても大切になるのではないかと考えられます。

喜ばれる出産祝いのポイント

大切な友人や親戚などが赤ちゃんを出産し、出産祝いに悩まれる方はたくさんいるのではないでしょうか。まず、一番のポイントは、産まれた赤ちゃんが初めての赤ちゃんなのか、2人目、3人目の赤ちゃんなのかどうなのかは、とても大切です。やはり、1人目の赤ちゃんである場合は、初めての赤ちゃんのために抱っこ紐やベビー布団やおくるみなど、必要なものがたくさんあります。ただ、2人目の赤ちゃんになると、1人目の赤ちゃんのお下がりもたくさんあり、親も必要なもの不必要なものがわかっています。そのために、1人目の赤ちゃんの場合、なにをお祝いにあげても喜んでもらえ、赤ちゃんのために使ってくれる可能性が高いです。せっかく、喜んでもらうために出産祝いをおくるのであれば、赤ちゃんに使ってもらいたいものです。2人目以降の赤ちゃんの場合、特に1人目の赤ちゃんと同性の場合は、お下がりの洋服やおもちゃもたくさんあるので、お母さんに欲しいリクエストを聞くことが一番良いです。お母さんにリクエストを聞いて、あまりものが必要ではないという答えの場合は、現金をお祝いとして包むか、商品券やおむつなど消耗品が、喜んでもらえ役に立つのではないでしょうか。