出産内祝いにはギフトカードを添え付け

出産内祝いの選び方ついて

出産内祝いは、正直どれにしようか悩むところだと思います。それもそのはずで、どのような好みがあるかなんて人それぞれです。私の場合、出産内祝いで友人から無難に石けんのソープセットが贈られてきたことがありましたが、特に必要ありませんでした。でも使わない訳にもいかないので使っている状況です。正直のところ、やはり贈られる側からすれば、できれば選びたいものです。そこでオススメの出産内祝いが、カタログギフトです。カタログギフトであれば、まず間違いありません。できればカタログギフトは、分厚いものであればたくさんの商品の中から好みのものを選ぶことができるので、なお良いでしょう。また、友人でアニメのキャラクターが好きであったり特定のブランドが好き、ということであれば専門のカタログギフトを贈ってあげても喜ばれることでしょう。親戚や上司、取引先、友人と贈る相手を選ばないため、内祝いをどれにするか悩む時間も省け、さらに喜んでもらえるのが魅力です。次に金券です。こちらは百貨店で利用できるものであれば、いつも買えないものもリッチに購入することができるので喜ばれることでしょう。または、ギフト券であっても喜んでもらえるでしょう。どれにするか直接見て購入していただけるので、相手の方にも喜んでいただけます。金券やギフト券は、現金に変えられるのも魅力の一つです。

出産内祝いのマナー

赤ちゃんを出産して身近な人からお祝いを貰ったら、そのお返しに内祝いとして返礼をする出産内祝いですが、そのお返しのマナーを間違えてしまうと相手に不快な思いをさせてしまうかもしれません。内祝いにはいただいた物より高い金額の品物を送ったり、逆に少なさすぎる金額の物を送ってしまうとあまり印象はよくありません。なるべく半分くらいの価格帯の物を、貰ってから1ヶ月程度の期間でお返しするのがオススメです。品物としては普段使いができるタオルなどの日用品や、相手の好みのお菓子などを送ると喜ばれます。好みでない雑貨や食品などは通常のプレゼントと同じく、相手の負担になってしますので、あらかじめ相手の好みをリサーチしておくか、わからない場合は消耗品の詰め合わせなどが無難です。出産内祝いには感謝の気持ちを込めて、ギフトカードなどを一言添えてお礼を伝えましょう。もし返礼をするのが遅くなってしまった場合は、遅くなってしまったことを一言お詫びを添えておくと印象も然程損なわれません。また、のしには赤ちゃんの名前をふりがな付きで記載して、お礼状には改めて赤ちゃんの様子などを簡単に紹介をしておくのも良いでしょう。赤ちゃんの写真を入れる場合は、なるべく近しい親戚などに留めるのが無難です。